不動産投資するなら思い切って一棟買いしてみよう

婦人

一室購入よりも価値がある

マンション

投資運営は難しい

今、不動産投資で主流なのはマンション一室を購入して賃貸物件として貸し出すことです。手軽な料金で購入することができますので副業などでも実施することができます。投資人口が増加しているのも、一窒投資が増加しているからなのです。しかし昔ながらの不動産投資はマンションを一棟購入して管理、運営することです。マンションを一棟購入するには、それなりの事前資金が必要になります。そのため初心者向きではありません。不動産投資である程度稼ぐことができるようになった経験者が次なるステップとして一棟管理をすることが望ましいのです。不動産投資のメリットの一つに、不動産資産を残すことができる面があります。しかし一室投資の場合には、不動産の価値が残りにくい場合もあるため、セミナーなどで不動産投資について学んでおくとよいでしょう。

不動産価値を残せる

需要のあるマンションは、ワンルームマンションです。購入しやすいこともあり、多くの投資家が購入しています。しかし将来的にワンルームマンションが、資産価値として残るケースは少ないですが、一棟で購入すると十分な不動産価値を残すことができます。建物の老朽化は避けることはできませんが、土地の資産価値はしっかりと残るのです。建て替えやそのままの売却など好きなように処分することができます。そのため、資産価値を目的として行うのであれば、一棟を購入することがお勧めになります。初心者などはサブリースなどを活用すれば、運用面のデメリットもカバーすることができます。

広い視野が必要

説明

大阪では、人口が多いこと、金融機関が多くローンの審査が通りやすいなどの理由から、収益物件が注目されています。利回りの高い物件の場合、10年ほどで物件の購入金を回収できることから、人気を集めています。なお、収益物件選びをする場合には、利回りに加え、家賃に影響を与えそうなことはひと通り把握すべきです。

もっと見る

不満を解消するには

集合住宅

賃貸管理を委託している場合、管理会社の対応に不満を持つことがあります。適切な対応をしないために、入居者やオーナーの不満が増大することも多いです。そのような場合には、管理会社の変更を検討します。良い業者に委託できれば、建物の価値を維持していくことも期待できます。

もっと見る

マンション経営のメリット

男性

不動産経営の中で一番大変なのがマンション管理です。自分で管理することで経費を抑えることもできますが、マンション管理の内容は多岐にわたりますので、専門業者に委託する方が、最小の費用で最大の利益を見込むことができます。

もっと見る