不満を解消するには|不動産投資するなら思い切って一棟買いしてみよう

不動産投資するなら思い切って一棟買いしてみよう

男女

不満を解消するには

集合住宅

状況を把握する

賃貸物件を購入した場合には、建物の賃貸管理をどうするのか決めます。物件を購入した方の中には、購入の際に利用した不動産会社に、そのまま賃貸管理も委託しているケースも多いです。問題なく賃貸管理をしていれば良いのですが、中には適切に対処しない管理会社もあります。そのような管理会社ですと、入居者は仕方なくオーナーに連絡をしてきます。それが常態化すれば、賃貸管理を委託しているのに、負担が増大していまいます。それは、オーナーだけではなく、入居者の不満にもなりますので、空き室など、賃貸物件の経営に直接影響がでてくる可能性もあります。もし、賃貸管理に不満があるのでしたら、管理会社の変更を検討してみましょう。他社と比較するだけでも、現管理会社を評価することができます。

変更する場合には

管理会社を変更するには、新管理会社との契約・現管理会社の解約・入居者への通知などが必要になります。管理会社によっては、解約が決まると非協力的となる場合もあります。そのような状況で、入居者に管理会社の変更と家賃の振込口座の変更を通知すれば、不安に感じる入居者も出てしまいます。そのため、管理会社の変更は、入居者への配慮をしながら進めることが大切です。管理会社との契約手続きに関しては、分からなければ教えてくれますので心配はいりません。ただし、現地調査や見積などを通じて、賃貸管理の契約内容についてはオーナー側でしっかりと確認します。そういった話し合いも利用して、管理会社の対応をチェックしながら信頼できる業者を選びましょう。